大家のリスク回避

大家が空室を埋めるために妥協して貸すことはよくあります。他の物件に断られた人を空室に回すわけです。これは大家にとってメリットではありますが、根本的な問題解決にはなっていません。

ただ大家の気持ちも分かります。空室はそう簡単に埋まりません。広告を出しても入居者が決まらないものなのです。特に季節が季節なら、空室は長期間そのままになります。そこで保証人のいない人でも構わないから貸したいなどとなるのです。しかし受け入れた後にトラブルが発生することがあります。

基本はコミュニケーションができるわけですが、そういう問題ではありません。注意が通じない、通じていても受け入れようとしない場合もあるのです。

また文化の違いもあり、言葉が話せてもその文化を受け入れられるかどうかは別の問題です。過去に迷惑行為を注意した人の中には、言葉は通じても、それが迷惑であるということが伝わりませんでしたというケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です