文教の杜にある高級賃貸マンション

東京メトロの茗荷谷という駅は、池袋へ直通5分で行けます。大手町へもダイレクトに10分でいくことができます。このエリアは、たくさんの教育施設がある文教地区です。お茶の水女子大学附属小学校もありますし、満開の桜が楽しめる播磨坂、教育の森公園は、広大な敷地に広場や池、桜並木が点在する都心のオアシスです。隣接して占春園があります。小石川植物園は約300年の歴史を誇る植物園です。ここは四季折々、多種多様な花々が美しさを競っています。街自体が落ち着いていて、あたり一面が木漏れ日に包まれて、鳥のさえずりも聞こえてきます。JR山手線の内側にあるとは思えないぐらいです。都心の喧騒とは無縁のゆとりある時間が流れているといえるでしょう。やはりマンションは、南西向けの角住宅だったり、天井も高い、自然光がたっぷりと降り注ぐというところも多いようです。豊かな緑とともに暮らすというのは高級賃貸派にもアピールできます。気ぜわしい毎日でも、帰路に着けばオンからオフへと切り替えることができます。住む場所は癒やしの場所でということの素晴らしさ。それが満喫できることが高級賃貸住宅派の希望だといえます。茗荷谷は東京メトロ丸ノ内線の駅です。大手町、東京、銀座へダイレクトに行くことができます。毎日の通勤のストレスもぐんと軽くなります。出勤前の朝もゆとりがもてるでしょう。また、池袋や新宿、渋谷といったショッピングエリアへもアクセスが便利です。仕事や付き合いで帰宅が遅くなったとしても、深夜のタクシーが気軽に利用できるのも茗荷谷のエリアだからです。マンションのエントランスもホテルのロビーのようなくつろぎを与えてくれるマンションもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です