豊洲と東雲と賃貸ライフを考える

豊洲エリアの開発で、豊洲地区の世帯数、人口は、約2倍に増加しています。住む人も訪れる人も増えて、街も生き生きとしています。データ的にも活気あふれる街であることも示しています。造船所の記憶を次代に伝えている水の豊かな都市空間という感じです。住むこと、働くこと、学ぶこと、遊ぶこと、憩うことといったことが揃っているといえます。これが多様な世代の多様なライフスタイルが実現できる街として、暮らしを輝かしてくれるでしょう。一方で、東雲エリアというのは、99年に東雲一丁目地区の再開発計画が決定しました。03年には、大型ショッピングセンターができて、新しいまちづくりが進んでいます。タワーマンションも竣工され、象徴的な存在になり、これが街のイメージを変えました。東京湾岸エリアの居住地として注目を集めるようになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です