知っていて損はない住宅ローンの税制優遇

住宅ローンの借り入れで都心にマンションを、とお考えの人は税制面でも控除(制度上は「住宅借入金等特別控除」と言います)されるという有難い制度がありますのでご紹介しておきましょう。ここで、控除限度額が引上げられる認定住宅について簡単にふれておきます。認定長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定されている認定条件等を満足するもので、基本的に長期にわたって良好な状態を維持されるよう構造・設備が考慮されたものとされています。一方の認定低炭素住宅とは、いわゆる省エネ法(「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」)に規定されている基準に対し、一次エネルギー消費量が10%削減となるなどがうたわれており、二酸化炭素の排出を抑えた建築物として所管行政庁が認定を行うもので、具体的には、省エネ対策として太陽光発電パネルが設置されていたり、断熱対策などが講じられている、などが挙げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です